『しょぼい起業』ではなく『ちゃっちいパラレルワーク』をしよう

2019/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yoshiyuki46
孤独に生きる力を高めていくためのヒントをつらつらと書いていきます。

『しょぼい起業』は全然しょぼくない

巷で大流行中ですよね『しょぼい起業』 という言葉。

ですが、『しょぼい起業』って実は全然しょぼくないんですよね。だってそもそも経営するというのは根気がいる事ですから。

一つの事業を自分で経営して、しかもそれである程度の利益を出すってとても疲れる事です。

かくいう私も起業に失敗したので、起業の難しさは骨身に染みています。

この『しょぼい起業』という概念を提唱されたえらいてんちょうさん自身は全然しょぼくないし、むしろ超がつくほど有能です。

えらいてんちょうさんはリサイクルショップを起業し、その後『イベントバー エデン』を池袋で始められ、その『イベントバー エデン』はまだ開店して3年ほどしか経っていないのに、全国に何店舗も展開している一大グループとなっております。

更にはYouTuberとしても、ブロガーとしても、文筆家としても、投資家としても成功されています。

巷で話題の『しょぼい喫茶店』の開店資金を知人を紹介して工面したり、『しょぼい喫茶店』を裏から支えるなどご自身の事業以外でもご活躍されています。

このようにえらいてんちょうさんはとても優秀な方で、私のような凡人が彼の猿真似をして、飲食店経営を始めたとしても成功する確率は低いと思います。

そこで今回は私のように『しょぼい起業』をするハードルは高いけど、本業以外に事業をやりたいという人にオススメな『ちゃっちいパラレルワーク』という概念をご紹介します。

『ちゃっちいパラレルワーク』 は私が勝手に提唱している概念です

『ちゃっちいパラレルワーク』は成功者の誰かが提唱しているわけではなく、私が勝手に提唱している概念です。

最近の日本は副業、パラレルワーク、二枚目の名刺など、本業以外に稼げる収入源を作ろうという動きが活発ですよね。

大企業も政府も去年から副業を推進してきています。

中にはこんなイベントも存在しています。私もいつか登壇してみたいですね。

・パラキャリ酒場

https://parallelcareer.org/

ですが、こうした副業をかっちりやるのって大変じゃないですか?

一つの事業で月10万円以上稼ぐのって結構大変ですよね。わりと時間もかけなければいけないし、質ももちろんよくないとちゃんと稼げないので、時間も労力も結構かかります。

一つの事業でがっつり稼ぐのではなく、複数の事業を組み合わせて生きていこう

『ちゃっちいパラレルワーク』の神髄は複数の事業を組み合わせる事です。

もちろん自分が生きていく上で必要な収入源は確保しておいた方がいいとは思いますが、主要な本業以外はそこまで力を入れずにゆるく事業を運営していくのがオススメです。

例えば、サラリーマンの方ならサラリーマンとしての収入を月20万円以上確保した上で、フリーのカメラマンとして月5万円、ブロガーとして月1万円、YouTuberとして月1万円、せどりで月1万円、有料noteでカメラマンとしてのノウハウを提供して月1万円ぐらい稼げれば、かなり余裕が出て来ると思います。

もし副業がそれぞれ月10万円ずつぐらいまで育ってきて、本業を圧迫するぐらい忙しなってきたのであれば、脱サラするのもありだとは思います。

本業以外の主要な事業はとりあえず月1万円~5万円ぐらいでもよしとする

本業以外の収入でいきなり月10万円以上稼ごうとすると、1年もしくはそれ以上かかってしまうので、いきなり一気に一つの事業で一発稼ごうとするのは危険です。

YouTubeもブログもnoteもせどりもフリーのカメラマンとしての事業も民泊などの事業も通常月1万円以上稼げるようになってくるには、仕込みの期間が必要で、肌感覚で申し訳ないのですが半年は月0円が当たり前だと考えて頂いてもいいと思います。

つまり月1万円稼ぐのも結構労力がかかるのです。

しかし月1万円が安定して稼げるようになってくれば、月5万円も段々見えてきますし、月10万円も遠い道のりではありません。

なので、まずは月1万円を目指して頑張ってみてください。

私の実践例

私の本業はフリーライターです。この本業を中心として、ブログ・YouTubeを運営しています。

ブログ・YouTubeは今のところ0円ですが、まだまだ仕込みの時期ですので、そこまで焦ってはおりません。

これに加えて、台湾・中国茶の輸入、日本茶・日本酒・野菜の加工品の中国・台湾への輸出なども視野にいれております。

これは今は完全に趣味ですが、外国人(主に華人)への無料の就活コンサルと日本企業へのマッチングも行っております。この二つの趣味で行っている事業の成功事例が蓄積していったら、ビジネスモデルを考えながら収益化も図ろうと思っています。

更には仮想通貨投資と株式投資と投資信託も行っています。この3つの投資に頼りきろうとも思っていませんが。

ともかく色々な事業に手を出したり、事業未満の事にも取り組んだりして、種を撒いておきます。株式投資でいうところの分散投資なようなものですね。

経営をする上で、選択と集中という考えがありますが、事業が大きく育っていない時には色々な事業に手を出していく事が大事です。

小さく始めて大きく育つ。ただし、損切りは早く

事業を開始する時は、時間やお金をかけすぎないで下さい。

『ちゃっちいパラレルワーク』において大事なのは小さく始めて大きく育てる事です。そして一つの事業だけではなく、色々な事業を組み合わせる事が大事です。

なので、一つの事業に固執し過ぎないで下さい。ゆるくやっていく事が大事です。もちろん諦めずにコツコツやっていく事は大事ですが、もしその事業が何年経っても目が出なそうであればすぐに撤退して下さい。それゆえ、事業がある程度大きくなるまでは過度の先行投資は謹んで下さい。

損切りした時に損が大きくなってしまいますし、沢山のお金と時間を過度にかけてしまうと、損切りする事が心理的にも難しくなってしまいますので、何度もいいますが先行投資はほどほどにしておきましょう。

『ちゃっちいパラレルワーク』の実践で豊かな人生を送りましょう

これからの時代は間違いなく、本業一本だけでは苦しくなっていく時代ですし、いつ解雇されてもおかしくはない時代なので、サラリーマンの方もフリーランスや会社経営をされている方も『ちゃっちいパラレルワーク』を実践して、これからの時代を生き抜きましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
yoshiyuki46
孤独に生きる力を高めていくためのヒントをつらつらと書いていきます。

Copyright© 孤独力 , 2019 All Rights Reserved.