【選挙に行く前に見てみて下さい】国政・地方選挙の際に票を入れる人を決める7つの方法【18歳選挙権】

2019/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yoshiyuki46
孤独に生きる力を高めていくためのヒントをつらつらと書いていきます。

政治に普段関心がない人が候補者を絞るのは難しい

政治に普段から関心を持っていないと選挙の際に候補者を決めるのって大変じゃないですか?

国政ならともかく、地方の選挙となるとどの党に所属してるのかぐらいしか基準が絞れなくて大変ですよね。

そこで、今回は政治・選挙オタクの私が選挙の際に票を入れる人を決める方法をお伝えします。

政党で決める

これベタベタのベタなんですが、かなり有効な方法です。

もしあなたが支持している政党があるなら支持している政党から出ている候補者に票を入れるのがとても簡単です。

ですが、恐らく普段から政治に関心がない人は政党間の違いなども把握していないと思いますので、もちろん他の方法もお伝えします。

候補者が掲げている政策で決める

候補者が掲げている政策がどういう政策かをHP・SNS・選挙広報などを見て調べましょう。

自分が今実現して欲しい政策を掲げている政治家に投票しましょう。

ex.消費税減税、NHKのスクランブル放送化、憲法改正、LGBTのパートナーシップ条例の条例制定、認定保育所を増やす、○○線の8両化、○○線と○○線を繋げるなど

ここで大事なポイントがあります。

その政策が具体的であるかどうかです。

候補者が掲げている政策が抽象的なものであればその候補者に票を入れるのは避けた方がいいかもしれません。

ぼんやりとした政策であれば、その政策が実現される事は限りなく少ないです。

なので、なるだけなら具体的な政策を掲げている候補者に票を入れましょう。

ex,子育て支援政策の拡充、老人にも住みやすい街の実現など

ビジョンのみで具体的な政策を掲げていない候補者に入れるのはやめておきましょう。

HP・SNSなどのネットでの広報活動をきちんと行っているかどうか

これも私は基準の1つとしています。

もちろん、ネットでの広報活動がきちんとなされていなくても、しっかりとした実績を上げている政治家は沢山います。

しかし、この21世紀でネットも使えない政治家が政治を行っていてよいのかという疑問が私にはあります。

ブログだけ書きまくっていて、中身が伴っていない政治家もいますが、基本的には情報発信をきちんと行っている政治家に票を入れたいと私は考えています。

どういった人達に支持されているのか

これを調べるのも大変ですが、政治家は基本的に票を沢山入れてくれたり、お金を寄付してくれたりしてくれる組織が大好きです。

それは仕方ありません。政治も人気商売なので、選挙資金を工面してくれたり、選挙活動を手伝ってくれたり、票を組織でまとまっていれてくれる人の声を聞きたくなるのは分かります。

なので、自分が票を入れようとしている政治家はどのような組織に支持されているのかを調べるとその政治家の背景が分かってきます。

いい政策を掲げていても、基本的には支持してくれる組織の意向を反映しなければいけないので、組織の都合のいい政策ばかりを実行しがちです。

それゆえに自分が票を入れたい政治家の支持基盤は調べておくと良いです。

街頭演説や報告会などに参加して、候補者に直にあって話しを聞いてみる

これは時間があったらでいいと思うのですが、自分が票を入れたいと思っている候補者に直接会って見るというのも有効な手段の1つだと思っています。

どんなにいい政策を掲げていても、その人の話しが下手だったりすると、自分の実現して欲しい政策が本当に実現されるかが不安になりますよね。

なので、街頭演説などで候補者本人に直接会って話しをしてみるというのもいいと思います。どんなに立派な党から出ていたとしても、候補者本人は党の単なる数合わせのためのロボットだったりする場合も多々あるので、候補者の真偽を確かめるためにも候補者に直接会う事をオススメします。

街頭演説で近づいてみると意外と話しをしてくれますよ。選挙カーの上から演説を行っている場合は少し難しいですけどね。

選挙に当選した事がある政治家なら、その政治家がしっかり仕事をしていたかどうかを確認する事も大事

これは新人議員には使えませんが、選挙に当選した事がある政治家であれば、その政治家が選挙に出た際に掲げていた政策を実現していたかどうかだったり、議会で質問をしていたかどうかをチェックするといいですね。

選挙に当選したのに仕事をしていない人を政治家にしていては税金の無駄遣いなので、そうしたチェックをしておくといいですよ。

https://chiholog.net/

http://kokkai.ndl.go.jp/

こういったサイトを使って当選した議員の質問能力や法案提出能力を推し量る事が出来ます。

選挙・政治系サイトを参考にする

ネットを使った選挙活動が解禁されてから色々な政治・選挙系のサイトが出てきています。

それらのサイトを使って、ご自身がお住まいの地域から立候補している政治家を一覧で見る事が出来たり、選挙に関するニュースを知る事が出来ます。

・選挙ドットコム

https://go2senkyo.com/

・政治山

https://seijiyama.jp/

まとめ

今回お伝えした方法を使って、自分にとって最良な政治家を選んでみてくださいね。

自分できちんと政治家選ぶのは大変ですが、自分で政治家を選ぶという行為を行う事によって、政治を身近に感じる事が出来るかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
yoshiyuki46
孤独に生きる力を高めていくためのヒントをつらつらと書いていきます。

Copyright© 孤独力 , 2019 All Rights Reserved.